慰謝料請求は弁護士に

不倫相手に対し、また、不倫をしたパートナーに対し、慰謝料を請求したい。そう考えても、実際にそれを個人で行うことは大変困難です。

弁護士そもそも不倫で精神的なショックを受けている身ですから、相手を対面したり、話し合ったりすることに、冷静でいられることはないでしょう。万が一、感情的になって相手に暴力でもふるってしまったら、交渉は相手の有利になります。また、交渉材料となる証拠集めも簡単ではないでしょう。ラインやメールは証拠になるのか。食事をしたという事実で不倫は証明できるのか。判断に困ります。そうしたときに、弁護士に間にい入ってもらうことができればどうなるでしょうか。

相手との交渉は、弁護士であれば法的知識に基づいて冷静に、かつ事務的に行われます。弁護士は交渉のプロですから、相手の詭弁や感情論に動揺することもないでしょう。証拠集めに関しても、何が有力な証拠となりえるか、弁護士はよく知っていますから、的確なアドバイスをもらうことができます。相手が言い逃れできないような、完璧な証拠を集めたいときには、弁護士の知識が必ず役に立ちます。

また慰謝料の適正な算出についても、弁護士の力を借りることにはメリットがあります。納得できない金額での妥協を避けるためにも、不倫の慰謝料請求は、弁護士を頼るのが一番でしょう。

 

無料相談もある

不倫の慰謝料請求を得意とする弁護士がいます。これ以上の精神的な負担を負わないためにも、交渉はプロに任せるのがベストです。しかし弁護士に頼るとなると、気になるのが費用です。ここでは弁護士に相談する際にかかる費用についてみていきましょう。

弁護士に案件を持ち込む際にかかるのは、着手金と報酬です。交渉を始める前に支払うのが着手金、解決後に必要となるのが報酬ですが、中にはそれを支払うのが困難な人もいるかもしれません。

相談そうしたときに頼りたいのが、無料相談を受け付けている弁護士事務所です。近年では、増える家庭内トラブルに対応するため、相談を無料で受けている弁護士も多いので、経済的に厳しい人はそうした弁護士を探してみましょう。また着手金に関しても、慰謝料が得られない場合は全額返金としている弁護士もたくさんいます。交渉にあたれば必ず結果を出すという、プロの自負があってのものですから、こうした事務所は信頼できると考えられます。

そのような良心的な弁護士は、報酬も慰謝料の中からと設定してることがよくあります。まとまった金額が入ってからの支払いが約束されているので、依頼者は手元にお金がなくても、相談することができます。不倫の慰謝料請求を弁護士へ依頼するのは、経済的にもそれほど困難なことではありません。弁護士の力を借りて、納得のいく解決を目指しましょう。

Pocket