慰謝料請求のトラブルを弁護士相談

不倫の慰謝料を請求する権利は、法律で認められています。しかし相手がすんなり支払う例は少なく、トラブルになることも多いようです。たとえば個人で慰謝料を請求した場合、相手からは言い訳のような回答が返ってくる可能性があります。たとえば、「既婚者だとは知らなかった」「肉体関係はなかった」といったものや、そもそも交際をしていないと返答するケースもあります。

慰謝料内容証明を送っても、相手が返事をする義務までは担保されていません。届いたという証明のみにとどまるので、これで問題が解決できることはまずないと考えたほうがよいでしょう。また、交渉に応じ、慰謝料を支払うことには同意しても、その金額が請求額に満たない例もよく見られます。大げさにはしたくない、精神的な苦痛から早く逃れたいという心情につけこまれて、納得のできない金額でも同意してしまう人が多いのは事実です。

どうせ取れないから、もらえると思っていなかったから、少額の慰謝料でも仕方がない。いわば泣き寝入りに近い状態で、これでは不倫問題が解決したとは到底いいがたいのではないでしょうか。しっかりとした交渉をして、納得のいく慰謝料を得るためには、やはり法律家の力が必要です。できれば、手続きから交渉まで行える弁護士がベストでしょう。司法書士や行政書士の中にも、離婚問題を扱う人はいますが、資格上の制限があるためできることは限られています。

このサイトでは、不倫の慰謝料について、弁護士に相談するためのノウハウをご紹介しています。どうすれば弁護士に相談ができるのか、その際の費用はどれくらいになるのか、知っておきたいことをまとめました。

Pocket